プラウド元住吉スクエア 購入 不動産評価

プラウド元住吉スクエアを購入する前に情報収集

プラウド元住吉スクエアのホームページ

元住吉に寛ぐ、小杉に華やぐ、プラウド元住吉スクエア

 

ふたつの個性を愛する暮らし

 

暮らしの舞台は「モトスミ」と「コスギ」。
東急東横線で結ばれる「東京」と「横浜」。
自在に楽しむ「オンタイム」と「オフタイム」。

 

3つのハイブリッドを手にする「プラウド元住吉スクエア」。
ここから始まるのは、毎日を贅沢に楽しむ暮らしです。

 

プラウド元住吉スクエアのホームページ


物件情報

価格・間取り 未定 3LDK ~4LDK
※価格や間取りは時期によって変動する可能性があります。最新はホームページの物件概要をご覧ください。 物件概要
所在地 神奈川県川崎市中原区木月大町83番・84番(地番)
アクセス 東急東横線・目黒線 「元住吉」駅 徒歩10分
東急東横線・目黒線 「武蔵小杉」駅 徒歩15分
JR横須賀・南武線・湘南新宿ライン 「武蔵小杉」駅 徒歩18分
総戸数 34戸
構造・規模 鉄筋コンクリート 地上5階
入居時期 平成31年3月下旬
分譲後の権利形態 専有面積割合による所有権の共有
売主 野村不動産株式会社
施工 木内建設株式会社

マンション評価レポート

武蔵小杉マンション評価レポート

マンション評価レポート武蔵小杉・元住吉・川崎エリアに掲載されているマンションです。

 

武蔵小杉は、首都圏の中でも最も注目されるエリアのひとつではないでしょうか?

 

武蔵小杉には、評判のよい聖マリアンナ医科大病院や日本医大、少し離れれば労災病院もあって、医療面が充実。

 

教育面でも法政をはじめ伝統のある私立校が、通学圏に数多くあります。

 

武蔵小杉の「決定的」な魅力は「街の生命力」

 

武蔵小杉には、未来へ向かって飛躍しようとする街としての「生命力」がみなぎっています。

 

その証として、武蔵小杉の開発は、ほぼ民間が主体です。民有地を、民間企業が主体となって「再開発」しているのです。

 

街自体に自然の生命力があるところは、たとえ行政が都市計画をリードしたり、予算を注ぎ込まなくても、どんどん新しいお金や人、モノが流入してきて、いつまでも輝き続けるのです。

 

つまり、街の発展の主体を担うのはあくまでも民間。

 

それに、武蔵小杉のすごいところは、ミニバブル価格が崩れていないところです。

 

武蔵小杉の開発スタートとかさなり、 周辺エリアのマンション価格はうなぎ上りの高騰を続けています。

 

この武蔵小杉という街には「街の生命力」があふれているのです。

 

新川崎は開発が進み注目物件も登場

 

そして、武蔵小杉とは「お隣」といっていいエリアの新川崎。長らく「マイナー」なイメージが強かったのですが、近年では開発が進み、注目物件も登場しました。

 

また、新川崎の周辺エリアではマンション供給が増えているのです。

 

武蔵小杉・元住吉・川崎のマンション市場は・・・

 

マンション市場に関しては、ミニバブルの影響やく「強欲な」不動産会社の思惑もあって、少しイビツになっている感じがします。

 

つまり、全体的に健全な市場価格が形成されている、とはいい難い状況なのです。

  • なぜ、そうなったのか?
  • そして、今はどうなのか?
  • これから、どうなるのか?

 

そういった点について、詳しくレポートにまとめました。

 

100メートル離れただけでも、評価がガラっと変わるのが不動産です。

 

そういう点も、分かりやすく解説したつもりです。

 

横須賀線の新駅開業が、今後の武蔵小杉のマンション市場にどのような影響を及ぼすのか?

 

また、現在販売中のどのマンションに影響するのか?

 

そういったことについても、考えをまとめたことをレポートに盛り込んでいます

 

マンションを買ってから後悔しないために多角的かつ客観的な「判断材料」を!

 

続きを読む・・・


スポンサードリンク