マンション買い替え 中古マンション 査定

中古マンションを査定してもらう不動産業者を選ぶ

中古マンションを売却しようと思うと、一体いくらぐらいになるのかわからなければ、新築マンションの金額が決まらないと思う人もいるでしょう。

 

ちょっと待って

 

でも、査定してもらうとしたら、当然、近隣の不動産会社に委託しなければなりません。

 

この不動産会社に委託するというのがネックなのです。

 

売却時の専任媒介と一般媒介

 

まず、不動産を売却するとき、不動産会社との契約で専任媒介一般媒介というのがあります。

不動産売却には専任媒介と一般媒介がある

 

専任媒介というのは、1社にのみしか依頼できません。一般媒介は、複数の不動産会社と契約してもよいのです。ただし、不動産会社は専任媒介を執拗に求めます。

 

それは、専任媒介になると、売主からも手数料を請求できるのです。売主としては手数料も支払いたくないですよね。でも、専任媒介のメリットとしては、不動産屋も真剣に売ろうとしてくれます。一般の場合は、陳列しておいて、売れたらラッキーという気分なんでしょうね。

 

一軒家を売却したとき、3件の不動産屋に一般媒介で依頼しました。実は、その前にマンションを売却したときは、専任媒介で売却していたので、一度、一般媒介というものをしてみたかったのです。

 

本当に不動産屋によって、まちまちでした。大きな不動産業者では、『「空き家」という看板を下げさせて欲しい』と強行に言い出し、根負けしてOKを出しましたが、一般で依頼している場合は、それはNGだったようです。1件の不動産屋が看板出すと、他の不動産屋が人を連れてきた場合に、他の業者の看板があると、とても不都合なのです。

 

また、他の業者は、『家があるから売れない、家をつぶして土地だけで売ったほうがいい』と言い出し、家を解体する見積もりを持ってきました。さすがにそれは受付なかったです。解体したからといって売れる保証など、どこにもないですから。

 

もう1件のところが1番好きだったのですが、結局どこも契約期間の3ヶ月の間には売れませんでした。

 

そこで、困って、契約期間が過ぎたので、他の業者に今度は専任で依頼しました。ところが、まだ売却予定の家を一般媒介で依頼した不動産会社に鍵を預けたままだったので、散々、文句言われました。契約期間が終了しても、依頼は生きているものかしらと思ったものでした。

 

しかし、専任媒介でようやく売れたのです。

 

売却には不動産会社を選ぶ

 

そこで、あなたに嫌な思いもしてほしくないし、時間をかける必要があれば別ですが、売ろうと思った不動産は1日でも早く高値で決まって欲しいものです。まず不動産会社を選ぶということから提案したいと思います。

 

【スマイスター】不動産売却 一括無料申込なら、自宅の住所を選択すると、近くの不動産会社が何件か表示されます。そこで、依頼すると、次のような情報を入力します。

 

【スマイスター】入力フォーム

 

各不動産会社から査定結果が提示されます

 

入力して送信しても、売却の依頼ではありません。ただ、売却したい物件に対して、査定金額を提示され、「どうぞうちと契約してください」と営業を受けるだけです。

 

出された査定表と条件を見極めて決断します。ちなみに売れるまでは、お金がかかることはありません。

不動産・マンションをかしこく売るには?手続きの方法を知るには?
安心の大手企業によるカンタン『一括査定サービス』『お急ぎ売却』

【スマイスター】不動産売却 一括無料申込