中古 マンション 値引き 交渉術

中古マンションこそ値引き交渉術が活かせる

中古マンション値引き交渉術

これからのマンションは新築より中古の時代

 

新築マンションを市場に供給する企業の多くは、ミニバブルの崩壊で廃業や撤退されてしました。そのため、新築よりも中古マンションの取引量が、多くなる可能性が大きいのです。

 

そのため、新築マンションの販売量よりも、中古マンションの取引は一段と活発になる傾向にあります。

 

資産として有利な物件を選ぶためには、どのようなことを基準にすべきなのか?
そして、掘り出し物的な優良物件と出会うためには、どのようにすればよいのか?
値引き交渉に有利な業者の見分け方、選び方は?
不動産会社の儲けの仕組みを知ると交渉は有利になる!

値引き交渉できる中古マンションのどのような物件?

エリアの選定、物件選びの方法から順序だてて説明しています。

 

あなたが、どんなマンションに住みたいのかわかりません。一人ひとりの好みが違うので「こういうマンションがいい」とはいえません。

 

ただ、10年、20年という長期で見た場合に、資産として有利な物件を選ばなければなりません。どのようなことを基準にすべきなのか?

 

たとえば、

  • 売主から直接買うのか、
  • 業者から買うのか、
  • 現況のままで買うのか、
  • リフォーム済みのものを買うのか。

同じ中古マンションでも、そういった条件の違いで交渉の仕方が随分と違います

 

一般の書籍では得られない情報

不動産取引のノウハウ本にも、値引き交渉のことは一通り書いてありますが、不動産業者のテクニックの裏側や、本音の部分にまでは、踏み込んで書かれてはいません。

 

なぜなら、市販されている書籍の著者は、多かれ少なかれ不動産業界と関わりがあるので、業者の裏側など書けないのです。

中古マンション値引き交渉術目次

第1章 中古マンションの時代が到来
第2章 中古マンション流通の仕組み
第3章 希望エリアの選定
第4章 不動産業者の選定
第5章 中古マンションのチェック方法
第6章 買付証明を出して値引き交渉
第7章 交渉妥結し、契約へ

 

このレポートであなたが得られる情報

 

  • 仲介業者を上手に使って好条件を引き出す方法
  • 交渉がうまくいきそうなのに契約が決裂しないために気をつけること
  • どうしても売主が値引きにOKしない場合、実質的な値引きを獲得するノウハウ
  • 引渡し後に不具合に気付いた場合の対処法として簡便で低コストな方法

 

業界内では周知の事実でも、一般にはあまり知られていないテクニックばかりです。

 

続きを読む・・・